【サムライ8】2話のネタバレ&感想!名無しは仲間になる?額あて壱の意味を考察!

ネタバレ&感想

こんにちは、管理人のスゴロクです!

今回もサムライ8の第2話のネタバレ感想記事を紹介していきます☆

 

今回登場する名無し君ですが、額あてに「壱」と刻まれていていかにも仲間になりそうな雰囲気があります。そんな名無しが仲間になるのか、について考察してみました。

 

ちなみに前回、サムライとして覚醒した八丸ですがぐっと主人公っぽくなりましたよね!1話の虚弱な登場ではなく、元気よくたこ焼きをほおばるシーンから始まります。これぞまさに少年漫画の主人公!

 

【ご意見・感想】

サムライ8第2話についてご意見・感想がありましたら、コメント欄よりご遠慮無く投稿してください。

サムライ8好きな方で盛り上がる場にできたらうれしく思っています!

スポンサーリンク

【サムライ8】2話のネタバレ

サムライ8 2話のネタバレ感想トピックはこちら。

・元気いっぱいに覚醒した八丸

・水路を略奪を目論む謎の敵登場

・引きこもりの少年(名無し)との出会い

 

元気いっぱいに覚醒した八丸

キャシャでマッチ棒のような姿で登場した第1話と打って変わり、元気いっぱいの八丸が登場するところから話がスタートします。

 

これまで点滴で栄養摂取してきた八丸は、食べ物を食べられる幸せを実感し、たこやきのおいしさをかみしめます。

 

食事のあと早太郎とともに散歩に行こうとする八丸。丸腰で出かけようとする八丸に、

「武士が出かけるときに刀を持たないのは、パンツをはいていないのと同じこと」と

達磨(ダルマ)は忠告。模造等をもって出かけます。

 

どらまる
スゴロク

ろくに修行もしてないのに、模造刀で湯呑をスパッと切っちゃう八丸。ちょっと違和感ありでしたけど、まぁそれくらいはいいか・・・。

 

前回、八丸とともに覚醒した早太郎。こちらもいきなりペガサスフォームに変形して、空を飛んでしまうというスーパーレベルアップを遂げていました。

 

少年漫画だとこのクラスの乗り物は中盤以降に登場する、という勝手なスゴロクの印象ですが、サムライ8の世界では空を飛ぶハイテク機器がすでにあるため、そのあたりのハードルは低いんでしょうかね。

 

これまでプラグにつながれて引きこもっていた八丸にとって、目の前に広がる素晴らしい世界はワクワク大冒険を予感せずにはいられませんでした。

 

水路を略奪を目論む謎の敵登場

2話では新しい敵(3匹の子豚)が登場。名前はまだわかりませんが、3人は兄弟と思われます。

 

3人は戦車を走行しながら村の外で暴れていて、村の警備の注意そとに向けたい模様。

 

手薄になった村で3人が欲しがっているのは、サムライの力を得ることができる「ロッカーボール」。

 

といっても、彼らはサムライになりたいのではなく、高値で売ってお金を手に入れるのが目的のようです。

 

どらまる
スゴロク

八丸の父がこのロッカーボールを手に入れるために2億円用意した、と言っていましたので、めちゃくちゃ高価な代物であることは間違いないですよね。

 

略奪を繰り返す戦車から無造作に打たれた砲弾が流れ弾となって早太郎の羽を撃破、八丸たちはとある民家に落下してしまいます。

 

引きこもりの少年(名無し)との出会い

落下した民家にいたのは引きこもりの少年。名前はまだ明かされていませんが、名無しと呼ばれていたようです。

 

城下町の七番地区のサムライ道場の門下生ということで、将来的にはサムライになりたいという願望がありながらも、自分に自信がなく、長い引きこもり生活で心を閉ざしていました。

 

少し前までは引きこもってゲームばかりしていた八丸も、名無しの気持ちに理解を示します。そして彼を外に連れ出してあげたいと考えました。

 

外に出ることを拒否する名無しに、八丸はひとつの賭けを提案します。それは「侍の対戦ゲームで八丸が勝ったら一緒に外に出る、負けたらおとなしく自分が家を出ていく」というもの。

 

対戦ゲームのランキングで2位だった名無しは絶対の自信がありましたが、八丸は見事これを撃破します。実はゲームランキング1位は八丸だったんです。

 

どらまる
スゴロク

こんな近くに1位と2位が住んでるって、よっぽどゲーム人口が少ないんじゃないの・・・と突っ込みたくなった方も多いはず。

 

スポンサーリンク

【サムライ8】2話の考察

サムライ8の第2話の考察です。主なトピックは、今回登場した「名無し」が達磨が探している鍵の一人なのか?というところですよね。

 

名無しは七つの鍵の一人なのか?

ダルマが探し求めている7つの鍵。

八丸はその一人だったわけですが、今回登場した名無し君はどうなんでしょうか。

 

それを考えるうえでこんなトピックを上げてみました。

 

・名無しはサムライを目指している

・名無しは八丸と同年代の少年である

・名無しの額あてに「壱」と刻まれている

 

名無しはサムライを目指している

まず最初に、名無しはサムライになりたいと願っているということ。これは大事な要素ですよね。サムライになりたくない人間がサムライとして覚醒することはないでしょうから。

 

すでに侍として覚醒し、自由に生きている八丸に対して、「自分の気持ちなんてわかるはずがない!」と怒りをあらわにした名無しの根底には「自分も侍になりたい!」という強い願望があるものと思われます。

 

名無しは八丸と同年代の少年である

名無しは八丸と同年代の少年である、というのも考慮したい要素のひとつです。

 

というのも、ナルトの影響を強く受けているであろう本作品ですが、ナルトの世界での仲間といえば常に「同級生」でしたよね。

 

つまり、これから集まる6名の仲間たちも八丸と年の近い同年代で固まる可能性が高いように思っています。

 

名無しの額あてに「壱」と刻まれている

ナルトでも登場した額あて。自分の里であったり、忍者としての覚悟を示す重要なアイテムでした。サムライ8でも額あては何らかの重要なアイテムなのでは?と考えています。

 

名無しの額あてには「壱」と記されているので、1番目の仲間なのでは・・・?と考えてしまいますよね。

 

ただしそれだと八丸の場合が「侍」と刻まれていてルールからは外れますし、そのパターンで仲間になっていく場合、「弐」という額あてをした人物が登場した時点で、「はい、仲間決定~!」とあまりにもネタバレが過ぎてしまいます(^^;

 

額あてには何らかの意味がありそうですが、それは今後のストーリーをもう少し見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、今回はサムライ8の第2話のネタバレ&感想でした。

 

ジャンプを広げた時に目に入ってくるサムライ8の画力が半端ないので、連載始まったばかりの漫画に見えません(笑)ネット界隈ではすでに「サムライ8の売れるオーラ半端ない」と話題になっているようです!

 

新しい仲間の登場と敵の出現で、次回以降面白くなってきそうですね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました